2020.01.06

最近の経済情勢について思う事

新年明けましておめでとうございます。

今年も宜しくお願い致します。
 
 
新年始まって最初の投稿になりますが
今回は今年の経済情勢について
個人的見解を書かせて頂きます。
 
 
昨年末は28年ぶりに高値で日経平均が締まりましたが、
実際の景気を考えるとたいして良い訳でもなく、
ただ漠然と日経平均が上がっている状態です。
 
 
これを紐解くと現在の経済は国が大量に紙幣を刷り、
借金をうやむやにして先延ばししている状況です。
それに伴い”日本の景気は良い、段々と良くなっている”としなければ
国債も刷りにくい為、国が株を買い支え、日経平均が上がり続けています。
これはユニクロ(ファーストリテイリング)の株を見れば一目瞭然で、
ほとんど国が買い占めて日経平均を押上げている形になります。
 
 
その結果どうなるかというと、
いずれ国の買い支えが終われば株価も落ち、
国債もやたらめったら刷る事が出来なくなり、
金利が上がる為、景気も悪くなるはずです。
 
 
原状は何かをきっかけに少しのバランスが崩れた瞬間に
一気に崩れ出す状況だというのを認識している方が、
意外と少ないと感じています。
 
 
現在の市況はまさにオリンピックやアベノミクス等で
実態のない経済そのものかと思います。
 
 
前回の経済危機は住宅関係のサブプライムローンの綻びから始まり、
リーマンブラザーズ倒産で拍車がかかった形になります。
 
 
現在は昨年の不動産投資の不正融資などから融資が止まり、
ソフトバンクグループのウィーワーク等もこのまま上場出来なければ
バブル崩壊のきっかけになり得ると思います。
 
 
景気は7年~8年で1周するのでとにかく今年は
現金ポジションをしっかり取り、何か弾けたタイミングで
現物に投資するのが今の日本では良いかと思います。
 
 
紙幣は今後価値がどんどん下がるので
そこに気づかない人たちは置いてかれる時代が
すぐ近くまで来ています。
 
 
景気の流れや世界情勢を考えながら不動産投資をするだけで
10年後の資産の築き方はかなり変わってくるので参考にして
みて下さい。
 
 
<アメブロはじめました!>
こちらもアクセス是非よろしくお願いします。

コスモバンクに相談してみませんか?

リフォームのご相談・お見積り・現地調査は無料です。

045-900-2539受付時間 10:00~19:00 水曜定休

コスモバンクは投資物件リフォーム工事専門、業界最安値を目指します。
ぜひお気軽にお問合せください。