2019.12.16

階下漏水②

今回は、前回の階下漏水についての

話の続きになります。

 
 
階下漏水は得てして被害が大規模になりますが、
修繕の手間、費用面、時間、全てひっくるめて
一番困るのは築30年以降のRC造の建物での発生です。
 
 
建物の配管寿命は一般に約40年、
その間に蓄積されてくる配管内のサビや
生活排などの油の固まったものなどで
配管内のの通るスペースが
どんどん少なくなるということが起こります。
 
 
の通る部分が狭くなっていたり
詰まっていたりすると、が逆流して溢れたり
配管のつなぎ目等から漏れ出したりします。
 
 
配管のつなぎ目や破損部分から漏れた際に
木造物件等であれば天井などから見れば
配管がむき出しなので漏れ個所がすぐに分かります。
 
 
只、RC造の場合はコンクリートの中に配管等が
入っている為、壁を壊さないとどこから漏れているか
特定できない場合もあります。
 
写真は実際に現場でコンクリートの壁を壊した様子です。
 
そうすると修繕費が高くなり配管交換等になってしまいます。
配管交換になると一度退去して頂いたりとかなり大変で、
費用も1棟で数千万円かかることもあります。
 
 
そうならない為にも購入前に修繕履歴をしっかり確認し
信頼のおける業者さんから購入するのが良いかと思います。
 
 
利回りだけ求めて収益物件をあまり取り扱ったことの無い仲介さんから
物件を購入すると買った後のフォローが無いケースが多く、
当社の方にも月2~3件位漏れ等で
ご相談に来られるお客様がいらっしゃいます。
 
 
投資不動産は不労所得が入るなど
良い部分だけではなく、
リスクもあるという事を
ちゃんと理解した上で投資するのが
いいかと思います。
 
 
<アメブロはじめました!>
こちらもアクセス是非よろしくお願いします。

コスモバンクに相談してみませんか?

リフォームのご相談・お見積り・現地調査は無料です。

045-900-2539受付時間 10:00~19:00 水曜定休

コスモバンクは投資物件リフォーム工事専門、業界最安値を目指します。
ぜひお気軽にお問合せください。